読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

【php・myspl】~インストールからDBから値の取得まで~ mysqliバージョン

【今回の紹介】


この前、紹介したMysqlからの取得の差異に使用していた

APIの一つであるmysql_〇○が今後非推奨になるようなので、

参考:http://www.php.net/manual/ja/mysqlinfo.api.choosing.php



mysqliクラスで書き直したものを載せまーす。


※テーブルで出力できるようにしました。


【参考】

<?php
$mysqli=new mysqli('localhost','ユーザ名','パスワード','接続DB名');
	if($mysqli->connect_error){
		echo "DB接続できませーん";}
$stmt=$mysqli->prepare("SET NAMES utf8");
$stmt->execute();
$stmt=$mysqli->prepare("select * from test_table") or exit("error");
$stmt->execute();
$stmt->bind_result($result_id,$result_name);
?>

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
</head>
<body>
<table border="1">

<?php
	while($stmt->fetch()){
		echo '<tr>';
		echo '<td>'.$result_id.'</td>';
		echo '<td>'.$result_name.'</td>';
		echo '</tr>';
	}
?>

</table>
</body>
</html>
.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }