読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

【PHP】メッセージキューを使う

■概要


メッセージキューについてのメモ。


1、メッセージキューとは


異なるプロセス間でのデータの共有、受け渡しを行うための手段の一つ


実用例)

①Aバッチを処理実行後、処理結果として、Xメッセージをキューに出力する

②キューを監視している常駐バッチが、キューイングされたことを検出し、Bバッチを起動する

③Bバッチは、キューからAバッチの処理結果を受け取り、処理を実行する。




2、具体的な処理の流れ


送信側
①keyを設定し、キューを作成
②①で設定したkeyを引数にメッセージを格納


受信側
③①で設定したkeyをもとにメッセージを取得する。





■参考ソース

送信側

<?php
$msgkey = msg_get_queue(12341234,0600);
  if(!msg_send($msgkey,12,"test",false))
	echo "失敗";

?>

受信側

<?php

$msgkey = msg_get_queue(12341234);
msg_receive($msgkey,0,$msgtype,4,$data,false,null,$err);
echo "msgtype {$msgtype} data {$data}\n"; 

?>
.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }