新卒から文系エンジニア→人材業界に転職した人のブログ

新卒から文系エンジニア→人材業界に転職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界へ。異業種×異職種の転職経験有り。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【読書ノート】Googleが大事にしている組織開発理論から「優秀なマネージャとはなにか」を考える 「世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法(88冊目)

■概要

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法


著者であるピョートル氏は2011年から2016年までグーグルに在籍し、人材育成と組織開発、リーダシップ開発に取り組んできた方である。


何事も定量的なデータをもとに議論するグーグルにて「マネージャの言動がチームのパフォーマンス、個人のパフォーマンスに影響している事」が証明された。


マネージャの言動がどう影響し、なにを大事にすべきなのかが本書に記載されており、非常に面白かった。


自分としても、いままで出会ってきたマネ−ジャの記憶をたどり、たしかに本書に記載されている特徴があてはまる割合が大きいと感じた。

■面白かった事、気になった事

①個人のパフォーマンスをあげるには、「心理的安全性」を確立する事が一番大事

心理的安全性」とは、

「メンバー1人、1人が自分らしく職場で働けている状態」、要は言いたい事をストレスなく言える状態。

各個人が、この「心理的安全性」を感じている状態であれば、「自己開示→自己認識→自己実現」を目指せる状態となる。



そのためには、グーグルではマネージャが必ずメンバーと週1時間,1on1MTGを設けたり、MTGの中で、仕事の進捗確認だけではなく、価値観ベース(仕事でなにを大事にしているか)のコーチングを重視し、行っている。


・メンバーの人生に向き合った上で、業務を位置づけ、関係性を作っていること

・上司ではあるが、フラットで本音をいえる環境を作る事。


上記のようなマネージャのほうが「優秀である」として、コーチングの研修などをすぐに導入している点など、合理的で意思決定の早い企業であるなーと感じる。


②チームとして上手くいかなかった時

チームとして上手く行かなかった時/失敗した時に、チームの強さが問われる。



・官僚的/マネージャの権力で統治しているチームだと、MTGや飲み会で愚痴が生まれる。マネージャには本音のFBが返さないので、失敗したあとの改善が進まない。振り返りをできたとしても、マネージャに怒られない範囲でのFBとなり、本質的ではない可能性が高い。短期で上手く言っても、長期では成果を出し続ける事はできないだろう。



・一方でフラットで本音が言い合える組織ならば、前向きなFBをメンバーが言えるので、次につながる本質的なアクションがとれる可能性が高い。改善のサイクルがしっかりまわるので、長期で成果を出し続ける可能性が高い。


世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法

【読書ノート】スナックがつぶれない理由 ファンベース (ちくま新書)から考える(87冊目)

■概要

この書籍を読めば、「スナックがつぶれない理由」がより深く理解できる。

他の店に比べた強み(立地/価格/料理の上手さ)が明確にあるわけではないが、なぜかつぶれないスナック。

それを支えているファンは、「どのようにファンになっていったのか」がイメージできるようになった書籍。

ファンベース (ちくま新書)

本書では、ファンの定義としては、「企業やブランド、商品が大事にしている価値」を支持している人」としている。


パレートの法則にて、コアなファンである20%が8割の売り上げに貢献しているのであれば、このファンの増加または、ファンの強化を見なすべき」としている。


具体的なカゴメカルビーの取り組みなどを提示しながら、新規のターゲットを狙っていくよりも、「ファンを大事にしていくこと、ファンを好感度を増加させる事」を主張している。

①前提とする購買行動の的確さとファンという考えについて

生活者の取り巻く環境が変化するで、マスに向けたテレビ広告、新聞広告や明らかな広告では、商品を購入までいたらなくなってきている。

より有効なのは、身近な友人に本心から商品を進められる事だという。
たしかに、損得勘定もない純粋な友人から進められた店には足を運ぶし、書籍などもその場で買った記憶がある。


特定の商品/サービスを友人に勧めたいという層が、「ファン」にあたる。
外資大手メーカーは、「NPS」という定量調査にて上記の「友人にお勧めするか」という値をスコアリングしている。


自分が人に勧めた商品という具体的な記憶をたどると、以下の例がある。
商品が提供する価値に強く共感している場合やストーリー性に紐づく愛着があるケースが多いなと感じる。

Kindle
 →商品購入後、圧倒的に利便性があることを実感。それが言語化しやすいため、

・地方旅行に行き、たまたま見つけた飲食店がめちゃめちゃ美味しかった時、接客がすばらしかった時
 →唯一無二のストーリー性があるため。

②ファンにする方法

書籍を以下をあげている。商品やサービスに触れる過程でファン施策が打たれているのかどうかチェックできる観点。

・共感を強くする
 -ファンの言葉を軽重する、優先する。

・愛着を強くする
 -開発ストーリーやユーザ体験に物語性をもたせる。ファンが参加できる場を増やす。

・信頼を強くする
 -顧客接点に常に誠実に接する

・応援される存在になる
 -コアなファンと共創する。等身大の人間である部分を見せる。ソーシャルグッドな活動を行う。


自分もファンである著者がいるが、その人が紹介した書籍などはノーロジックで購入している。

「強いファン」を作れたら、商品機能の差別化といった無機質な部分よりもよっぽど強いのかもしれない。

地方に点在するSTPも踏まえず、出店を行い、存続している数多のスナック。

そのスナックを支えているのは、上記のようなファンだと思われる。

自分の店のように、グラスを片付けたり、酔いつぶれた店主を担いだり、、、

お客さんにとって、唯一無二のストーリがあり、店主の愚痴をきいたりすることで応援したくなったり、、

【phyton】UNIXコマンドでスクレイピングをしてみる

■概要

以下の書籍をもとに、WEBページ上の情報をローカルにダウンロードし、

Pythonクローリング&スクレイピング -データ収集・解析のための実践開発ガイド-


ページ上の特定要素を抽出してみる。

wgetコマンドで、特定URLの情報を再帰的に取得する。
②カレントディレクトリにダウンロードされるので、ディベッロッパーツールで指定しながら、情報を抽出する。


上記のようなことを応用して、トラベルコなどの横断検索サービスが発達しているだろうなと思うと、とても面白い!!

wget -r --no-parent -w 1 -l 1 --restrict-file-names=nocontrol https://gihyo.jp/dp/ 

cat gihyo.jp/dp/index.html |grep 'class="paging-number"' 

【読書ノート】出世したい人/インフルエンサーになりたい人に必読の書籍 「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」(86冊目)

■概要

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

会社で出世する人やインフルエンサーは、確実に本書籍で紹介されている立ち回り方を会得している実感がある。


本書では、挑戦して成果を上げるかは、才能/実力ではなく、「運の割合」が大きいと紹介している。

「運」で一度成功した場合は、

「実力」で成功したものであるというブランディング(錯覚資産)を行う。


そうすると、次の挑戦がより成功しやすい環境を手に入れやすくなる。


具体的には、◯◯で成功した人というブランディングが成功すると、次回挑戦するときに

・優秀な人材が集まりやすくなる

・お金が集まりやすくなる

・情報が集まりやすくなる



この構造は、以下のような認知バイアスが支えている。

①ハロー効果

ハロー効果とは、ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。 光背効果、後光効果とも呼ぶ。 心理学の世界では、認知バイアスと呼ばれるものの1つである。

②一つ成果の上がった事柄があると、人間は簡単に過去の記憶をすり替える。

 →過去に様々な失敗をしていたとしても、あの人はもとから優秀な人だったという認知にすりかわる。

③ホットハンド効果

 →バスケットボールで連続で3Pが入ると、次も入るようなイメージを持つが、これは錯覚である。
  毎回シュートを打つたびに確率はリセットされるので、完全にランダムであり、入りやすくなるわけではない。
          

■今後活かせそうな事


・ハロー効果が得られそうなことにひたすらチャレンジする。成果が残せるかどうかは、ランダムの要素が強い。ひとたび、
 成功すればしっかり定量化/言語化し、実力をアピールする。
 上記によって、次回挑戦するときにより成果を出しやすい環境を手に入れることができる確率が高まる。


・一貫して偏った間違った物語を語る。多角的な主張などは共感しづらい。

 シンプルでわかりやすい片方からの情報が人は共感しやすい

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

【読書ノート】Learn Better(米Amazon2017年ベスト・サイエンス書)を読んで、PG学習に活かしてみる(85冊目)

■概要

https://goo.gl/Lz7acc

「いかに効率的に学習していくか」

すでに世界の著名な学者が、その答えを出しているなら、参考にしようと読みました。

子どものころに学習困難を抱えていた著者が、多くの実証研究調査と、学びの専門家への取材を通して

得られたものをまとめています。

ポイントをまとめつつ、プログラミング学習に例えるとなににあたるか、というをメモ。

■物事を習得する/うまくなる学習のポイント


①学習内容について、自分に対し意味づけること。その意味付けが、深いほど学習効果が高い。
 →「やらされるスタンスでやる」のではなく、「PGができたらこんなサービスを作れるかも」というモチベーションでやる。


②学習の理解を確かめるために、小テスト(他人に説明できるか)を取り入れる
 →ブログや勉強会、SNS等で勉強内容のサマリを発信する。


③自分に対し、説明が必要な質問(なぜ?、どのように)を問いかける人ほど、学習効果が高い
 →「このソースの1行はどんな意味があるのか」、「なんのためのif文なのか」等を考えながら、写経する。


④フィードバックをなるべく多く受けた方が良い。専門家と思考が、どのように違うのか、自分の誤りを認識でき、進歩が早い。
 →同僚や先輩などから、コードのレビューを積極的に受ける


⑥学習結果より、プロセス評価した方が持続的なモチベーションにつながる
 →学習により、どんなことができるようになったかよりも、どんな学びがあったかを評価する。


https://goo.gl/Lz7acc

【整理】財務諸表の基礎 マクドナルドとモスバーガーの経営指標の違い

■基礎用語

※記事下部の参考サイトによる図の説明が分かりやすいです。

①売上高

②売上高総利益(粗利) :売上高 ー 原価

③売上高利益(営業利益):売上高 ー 原価 ー 販売費及び一般管理費
 ※販売費及び一般管理費 → 広告宣伝費、給与、通信費、交通費、光熱費等

④経常利益:売上高 ー 原価 ー 販売費 ー 営業外損益
 ※営業外損益 → 本業以外での損益、不動産売買とか

■学んでいくと、面白い事例

マクドナルドとモスバーガーのビジネスモデルによる経営指標の違いについて、書かれている記事が面白い。


マクドナルドとモスバーガーの事業戦略の違いとして、「薄利多売 or 単価を上げる」くらいなのかなと考えていた。

実はそもそも、「経営手法が異なる」というのが面白かった。

参考:

【python】スクレイピングの第一歩 特定のサイトから情報(URL/タイトル)を抽出する

■やりたいこと


はてなブログのタイトルとURLを使って出力する」


WEB上の実行環境を利用して、pythonで作ってみました。
※環境準備は5分以内に終わる簡単なものです。

Pythonによるスクレイピング超絶入門|Dai|noteの記事経由から知りました、ありがとうございます。


改めて、自分で書いてみて動くと楽しいですねーー

有用なものに応用できないか引き続きやってみます。

■参考コード

# Beautiful Soupのインポート
from bs4 import BeautifulSoup
import requests

#対象のWEBサイトにリクエストを送り、コードを取得
response = requests.get("http://forse.hatenablog.com/")
# BeautifulSoupの初期化
html_doc = response.text
 # htmlをパース
soup = BeautifulSoup(html_doc, 'html.parser')

#print(soup.prettify()) # 左記の処理でHTMLをインデントし、表示も可能

#サイト上にある対象リンクだけを取り出したいため
blog_str = 'http://forse.hatenablog.com/entry'

#リンクをリストに格納
list1 = soup.find_all('a')

#for文でリストを取り出していき、中味が空でないかつ対象リストのみを表示
for item in list1:
  url = item.get('href')
  if  item.string and url:
    if not  url.find(blog_str) == -1 :
      print(item.string)
      print(item.get('href'))


※実行環境の準備は、以下を参考しました。

note.mu

.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }