FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

【php入門①】文字列の出力と日付の取得

【今日の紹介】

前回、Webtodolist作成時にMysqlの接続でphpを使用した。



DBの取得という目的で、phpを書いたため、phpに関する体系的な学習を行わなかった。、



以下の本を参考にしながら初歩的なところから学習を行っていきたい。

※なぜこの本かというネット上のpho入門サイトやまとめで評判が良いまたは良く紹介されている。

 かつ書店で手にとって中身を確かめたが、かなり丁寧に記載されていたため。



よくわかるPHPの教科書
よくわかるPHPの教科書



【内容】


①文字列の表示

②HTMLの埋め込み

③日時の取得



【勉強になったこと】


文字コードに注意するという事


 エディタなどでデフォルトの設定となっているのシフトJISUTF-8

 に変更すると日本語が文字化けする事がある。

 その際は、以下の記載をphpファイルに追加する必要がある

  <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;

phpの設定が記載されているphp.iniファイルを修正する事でも回避できるみたいです
  参考:http://php1st.com/149/
     http://hain.jp/index.php/tech-j/2007/02/13/%EF%BC%B0%EF%BC%A8%EF%BC%B0%E3%81%AE%E6%96%87%E5%AD%97%E5%8C%96%E3%81%91




②日付の取得のバリェ―ションが豊富だという事

 以下のサイトを見ればわかると思うが、

http://www.php.net/manual/ja/function.date.php

 date()に渡すパラメータによってかなり日付の取得の仕方に種類がある





【参考ソース】

<html>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;
charset=UTF-8" />
<body>
<?php
/*文字を出力する*/
	print ("printtest");
	echo ("echotest");
/*HTMLを埋め込む*/
	print '<p>HTMLです</p>';

/*時間を取得する*/
        print date('Y年n月j日G時i分');

?>

</body>
</html>
.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }