読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Javascript】switch文で正規表現を使ってみよう!!!

前回、作成したシンプルな正規表現の部品から、今回は条件分岐を取り入れてみました。

 

 

実際の業務では、以下のような入力チェックを行うのかなと思います。

 

1、違うファイルに各項目のIDと項目のあるべき属性をまとめて管理する

 

2、入力チェックを行う際は、DOMのIDの取得

 

3、あるべき属性の取得

 

4、DOMのIDとあるべき属性で比較する

 

 

 

 

 

 

<html>

<head></head>

<body>

<h2>これは入力した文字に対し、指定したエラーチェックを行う部品</h2>

<h1>全角・半角英字・半角数字・西暦(次回はプルダウン予定)</h1>

<input type="text"name="tex" id="input"value="" >エラーチェックを指定してください

<br>

<input type="text"name="tex" id="input1"value="" >適当な文字列を入力してください

<input type="button" value="確認"onclick="serch()"><br>

 

<br>

<script Language="JavaScript" type="text/javascript">

function serch(){

<!--

///メモ「正規表現」///

//パターン→[x-y]の範囲の指定は連続して記述できる

//パターン→[x-y]の範囲の指定する場合、ひらがなは「ぁ-ん」で表現

//パターン3→桁数指定の{}では、ピンポイントで桁数を指定できる

 

///メモ「正規表現」///

-->

var str=new String();

str=document.getElementById("input").value;

str1=document.getElementById("input1").value;

pattern=/[ぁ-ん1-9]+$/;

pattern1=/[a-z]+$/;

pattern2=/[0-9]+$/;

pattern3=/\d{4}/;

switch(str){

case "全角":

alert("全角");

var result=str1.match(pattern);

alert(result);

if(result){

alert("この文字列は"+str+"です");

}

else{alert(str+"で入力してください");

}

break;

case "半角英字":

 

alert("半角英字");

var result=str1.match(pattern1);

alert(result);

if(result){

alert("この文字列は"+str+"です");

}

else{alert(str+"で入力してください");

}

break;

case "半角数字":

 

alert("半角数字");

var result=str1.match(pattern2);

alert(result);

if(result){

alert("この文字列は"+str+"です");

}

else{alert(str+"で入力してください");

}

break;

case "西暦":

 

alert("西暦");

var result=str1.match(pattern3);

alert(result);

if(result){

alert("この文字列は"+str+"です");

}

else{alert(str+"で入力してください");

}

break;

}}

 

 

 

</script>

</body>

</html>

.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }