FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

【読書ノート】なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方(62冊目)

■概要

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

ずっと気になっていた本。


ノーベル賞をとった科学者と、超優秀なファンドマネージャが立ち上げた企業でさえ、確実に勝つことは難しく倒産。

ファンドマネージャなどに頼るよりも、インデックス投資を行い、

分散投資を行った方が結局年利5%のリターンを見込める。



■気になったこと、おもしろかったこと

①資産運用素人は、インデックス投資

アクティブファンド(手数料かかるけど有名なファンドマネージャが運用)や1会社への株投資よりも、

分散投資である投資信託インデックス投資、かつ国内国外債券、国内外インデックス投資を分散して行った方が無難。


※数年前、国民年金基金を運用するファンドもインデックス投資に切り替えたとのこと。

②生涯収入という意味では、資産運用を学ぶより、昇進/年収が上がる転職をしたほうがいい

上手く運用したとしても、年利5%前後。

社内昇進して年収をあげる、残業を増やす、年収を上がる転職をしたほうがてっとり早く確実という面もあるとのこと。

.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }