読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

AWESOME!!!って言いたくて、MEET UP TOKYOに行ってきた話

f:id:forsebyse:20160313171523p:plain



www.meetup.com





意外とMEET UPの感想とかを載せたブログって少ない。

ネットだけで申し込むし、どんな日本人くるかわからないし、

ましてや外国人もくるし、結構参加するには勇気がいる。



言葉通じないし、ガチムチだし、恐怖ですよ、恐怖。



だれかリアルな感想を載せろよと思っていた。




ということで、勇気を振り絞って参加してきたMEET UPについての

私の感想です。



もしだれかが、英語をしゃべる機会を探している。

だけど、MEET UPに参加するのは怖くてたまらん。



地団駄、地団駄


という状態だったら、



少しでも参考になればと思います。



ちなみ僕はこんな流れでたどり着きました。



英語をしゃべる機会を探す→英会話を調べる(たかっっっ)→


オンライン英会話を見つける・体験する(テキストを読まされる、関係性が先生と生徒すぎてつまらん)→


英会話カフェを探す、体験する(少し良心的なお値段、教える気がない、まあカフェだしな。)→


MEET UPに出会う、参加するでした。笑



※参加したオンライン英会話、英会話カフェの印象です。参考程度にしてください。笑



■準備

事前に以下のような著書を読んでいました。

つまりは、初対面の人と会話、自己紹介での話題は限定される。
そのくらい準備しておこうという話です。(真面目)



村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける
村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける





①自分が伝えたいこと

・出身、趣味(旅行、読書、映画、ダンス)、仕事
それぞれなにが好きなのか、具体的にはどのようなものなのかを説明する。
大体聞かれるのは、5W1H


②相手に聞きたいこと


・出身、趣味、仕事
なぜ?いつから?具体的にはどのようなこと?を聞けるように質問文を用意
大体聞かれるのは、5W1H



※上記を準備し、かつ無意識に口から出るレベルまで昇華したのち、参加したたおかげで、
 
 参加者には「留学してたんですか?」って言われたから満足。笑




■イベントの雰囲気


場所:新橋のハブ

料金:参加費+ドリンク代(合計1500円前後)

時間:15:00ー18:00

規模:40人くらい(四分の一が外国人ってかんじ)



流れは以下。

 1、とりあえず、駅に集合


 2、会場につき、ドリンク購入


 3、指定されたテーブルに通される


 4、テーブルには1人、外国人がいた
 
 ※その日の割合によって、テーブルの外国人は調整されるようでした。
 私が参加したときは、外国人が少なくイベント開催者は調整が大変そうであった。


 5、交流開始
 
 日本語と英語が時間(30分くらい)で区切られ、交互に会話が行われる。



以下、印象的だったことをつらつらと。


①日本人の半分くらいは、学生時代に留学軽軽ありというかんじ。
 ※自分のことを1フレーズくらい説明できれば、浮きはしない。
 基本的には、英語の時間のときは外国人にみんなが質問を浴びせるため。


②外国人の話す内容が面白い。
 日本にきているかつ、日本語を学ぼうとしてる=日本を本当に好きな人が多いため、
 日本のどんなところが好きなのかを聞くとおもしろい。
 ある人は、好きな映画は7人の侍とか言ってた。笑


③参加者の日本人の年収が高そう。笑 
 外資系もしくは、キャリアアップなどをねらって英語を習得しにきているため。
 ※ただ趣味で英語を学んでいる主婦の方などもいた。


④外国人が頑張って日本語をしゃべろうとしているのはかわいい。


⑤参加者外国人のバックグラウンドはさまざま
・フランス語教師
天文学者
・ワーホリ
・観光


■感想

インスタントに英語を話す場を求めている人には良い。

料金も大手英会話教室に比べたら割安。

オンライン英会話と比べたら割高。


ただ、自分としては、中長期的に言語を交換学習できる人を見つけたいため、不完全燃焼だった。

日本語を本気で学んでいる集団に飛び込んだほうが、早そうだということに気づけた点はよかった。

.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }