FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ASP.NET】POSTBACKとVIEWSTATEとは

【今回の紹介】


仕事で、ASP.NETを学習する機会があったので、そのメモを残します。


【内容】

■POSTBACKについて

 POSTBACKとは、POST元ページとPOST先じページが同一のHTTP通信のこと。
主にASP.NETで使用されている。
POSTBACK時は、POSTしたデータをサーバ側で受け取り、ページを再生成している。

特徴
 ・同じページに遷移することで、ページ数がへる(本来なら、POSTデータを受け取って、表示するサーバ処理が行える別ページが必要)
 ・POSTを受け取るコーディングが減る
 ・POSTBACKするたびに、ページが再生成(Pageオブジェクトの破棄)しているため(フォームも当然作り直されている)、ページイベントが毎回発生する
  →ページのロードがPOSTBACKなのか、初期アクセスなのか判定できる
 ・POST前のページ状態は、ビューステートが自動管理している
ポストバック間で維持する必要がある設定を格納できる ASP.NET Web ページのフィールド。


■ビューステート(状態管理)について

 ポストバック間で維持する必要がある設定を格納できる ASP.NET Web ページのフィールド。

特徴
 生成タイミング;初回POST時(以降、サーバ側にPOSTBACKするたびにブラウザとサーバ間でやりとりされる)
 管理方法   :ブラウザにhiddenタグで、エンコード(暗号化はされていない)されずに保持されている
 対象     :ページ内で動的に変更したコントロールのプロパティ、初期表示にプログラムから設定した値
 対象外    :formされる部品の値(POSTBACK時にPOSTされ、サーバ側コントロールによって復元されるため、ビューステートにて管理する必要がない)
 備考     :ViewStateは「ページ単位」「コントロール単位」に制御可能
 注意点    :プログラマーが意識していない部分で、ビューステートのデータ通信が発生しているため、ネットワークの負荷が知らない間に
         増加している可能性がある。




@IT:.NET TIPS [ASP.NET]ビューステートに保存されるものは? - Webフォーム

@IT:.NET TIPS [ASP.NET]ポストとポストバックの違いは? - Webフォーム

ASP.NET のビュー ステートの理解

ASP.NETを理解する3つの仕組み − @IT

www.atmarkit.co.jp

.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }