FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Javascript】いままで作成したもの ~メモ~

【今回の内容】

フォルダの整理を行っていて、出てきたものを
あげてきます。
ソースをそのまま貼り付けていますので、読みにくいかもしれません。
こう書いた方がよいなどのご意見などがありましたら是非ください。

【ソース】

「ウィンドウのサイズを出力する部品」

function windowSize(){
	var windowwidth=window.outerWidth;
	var windowHeight=window.outerHeight;
	document.getElementById("html要素のID").value=windowwidth;<!--横の長さ-->
	document.getElementById("html要素のID").value=windowHeight<!--縦の長さ-->;
	}

「指定した要素の中身を~にする部品」

function allclear(){
	var str=document.getElementById("divタグのID");<!--divタグの要素objを取得-->
	var textbox_value=str.getElementsByTagName("divタグ内の要素指定");<!--divタグの要素を指定-->
		for(i=0;i<textbox_value.length;i++){
			textbox_value[i].value="";}
}

「オブジェクトのプロパティを出力する部品」

function SerchProperty(){
	for(var i in 検索したいオブジェクト名){
        names=i;
	document.write(names+"<br>");
	}}
<!--
///メモ 変数名 in オブジェクト名でオブジェクトのプロパティを取得///
// //var i in document
///メモ 変数名 in オブジェクト名でオブジェクトのプロパティを取得///
-->
<!--
///メモ2 メソッドにthisをパラメータとして自身のオブジェクトをメソッドに渡すことができる///
// //例→SerchProperty(this)
// //これによりどのボタンが押下されたかというIDを取得できる
///メモ2 メソッドにthisをパラメータとして自身のオブジェクトをメソッドに渡すことができる///
-->

正規表現1」

function serch(){
	var str=new String();<!--Stringのプロパティで習得-->
	str=document.getElementById("html要素ID").value;<!--文字列に0から9の数字が存在するかを判定-->
	var pattern=/[0-9]/;
	var result=str.match(pattern);
		if(result){
		alert("この文字列"+str+"は半角数字が含まれる");
}
		else{
		alert("この文字列"+str+"は半角数字は含まれない");
}
<!--
///メモ1「正規表現を使用できるメソッド」///
//String.matchは正規表現を返す
//String.searchは一致した先頭文字の位置を返す
///メモ1「正規表現を使用できるメソッド」///

<!--
///メモ2「正規表現のパターン」///
// /文字列/→対象文字列に/文字列/が存在するか
// /文字列$/→対象文字列の最後尾にに文字列$が存在するか
// /[0-9]/→対象文字列に0から9の数字が存在するか
// /[a-z]/→対象文字列にaからzの数字が存在するか
// /\d\d\d\d/→対象文字列に四ケタの半角数字が存在するか
///\d{x,y}→対象文字列にxケタyケタの半角数字が存在するか
///メモ2「正規表現のパターン」///
}

正規表現の部品2」

function serch(){
<!--
///メモ「正規表現」///
//パターン→[x-y]の範囲の指定は連続して記述できる
//パターン→[x-y]の範囲の指定する場合、ひらがなは「ぁ-ん」で表現
//パターン3→桁数指定の{}では、ピンポイントで桁数を指定できる
///メモ「正規表現」///
-->
	var str=new String();
	str=document.getElementById("エラーチェックパターンを指定したhtml要素ID").value;
	str1=document.getElementById("エラーチェックされるhtml要素ID").value;
	pattern=/[ぁ-ん1-9]+$/;
	pattern1=/[a-z]+$/;
	pattern2=/[0-9]+$/;
	pattern3=/\d{4}/;
	switch(str){
		case "全角":
		var result=str1.match(pattern);
			if(result){
			alert("この文字列は"+str+"です");
			}
			else{alert(str+"で入力してください");
	}
	break;
		case "半角英字":
			var result=str1.match(pattern1);
			if(result){
			alert("この文字列は"+str+"です");
			}
			else{alert(str+"で入力してください");
			}
	break;
		case "半角数字":
			var result=str1.match(pattern2);
			if(result){
			alert("この文字列は"+str+"です");
			}
			else{alert(str+"で入力してください");
			}
	break;
		case "西暦":
			var result=str1.match(pattern3);
			if(result){
			alert("この文字列は"+str+"です");
			}
			else{alert(str+"で入力してください");
			}	
	break;
}}
.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }