FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Javascript】XMLHttpRequestに関する基礎的なメモ

XMLHttpRequestによりできること】

 

XMLHttpRequest」とはjavaScriptなどに書き込むことができ、
指定したURLと自由にHTTP通信を行えるもの。
Ajax関連の書籍を読むと必ずと言っていいほど出てくるもの。
 

 →動的なページ生成をページ遷移せずに行うことを実現するもののひとつ。 
 
 
 
※同一ドメイン内にしかリクエストを飛ばせないという制約がある
 どこにでもHTTP通信を行うことができた場合、悪意のあるサイトへの通信を
 強制的におこなえてしまうため。
 
 
 

【HTTP通信により読み込めるデータについて】

 

 このオブジェクトを作成することで同一ページ内で以下のことができる
  1外部のテキストデータを読み込むことができる
  2外部のXMLデータをよみこむことができる
 

XMLデータを読み込みについて

XMLデータを読み込みに関しては、XML内のデータをDOM(XMLDOM)で返すため、

データの加工が行いやすい。
形式的に保存された大量のデータを同一ページに
ユーザの要求に応じて表示できる。
(この「ページ遷移なし」をjavascriptXMLHttpRequestで実現するのが
、formタグなどをつかったものとの違い)
 
したがって、用語検索サイト・とか顧客検索サイトとかに
有効というイメージ。
の氏名要素のみ抽出など。
実際にどのようにして取得するかは今後学習予定。
 
 

XML参考例】

 

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<住所録>
<氏名>田中一郎</氏名>
<住所>千葉県</住所>
</住所録>
<住所録>
<氏名>田中二郎</氏名>
<住所>神奈川</住所>
</住所録>
<住所録>
<氏名>田中三郎</氏名>
<住所>栃木</住所>
</住所録>

 
.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }