読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FOR SE

文系の学部から新卒でメーカー系のSIerに就職。技術・スキルがないためブログを通して勉強。その後、IT業界の業界知識が活かせる人材業界に就職

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Javascript】Javascriptの正規表現について~最もシンプルな部品~

今回は、どんなシステムでも埋め込まれている入力チェックについての学習。

 

 

JSの正規表現学習メモです。

 

 

「処理の流れ」

1、テキストボックスのIDから値を取得

2、指定した正規表現で判定する

※返り値がNULL=一致しないという条件で判断しています

この最も基本的な部品から、複雑な正規表現などを学習予定。

<html>

<head></head>

<body>

<h2>これは入力した文字のエラーチェックを行う部品</h2>

<form name="js">

<input type="text"name="tex" id="input"value="" >適当な文字を入力してください<br>

<input type="button" value="確認"onclick="serch()"><br>

</form>

<br>

<script Language="JavaScript" type="text/javascript">

function serch(){

var str=new String();

<!--Stringのプロパティで習得-->

str=document.getElementById("input").value;

 

<!--

///エラー確認パターン///

//javaが含まれるかどうか→/java/

///エラー確認パターン///

-->

var pattern=/\d{6,7}/;

var result=str.match(pattern);

alert(result);

if(result){

alert("この文字列"+str+"には"+result+"が含まれている");

}

else{

alert("この文字列"+str+"には検索文字が含まれていない");

 

}

 

 

 

 

<!--

///メモ1「正規表現を使用できるメソッド」///

//String.matchは正規表現を返す

//String.searchは一致した先頭文字の位置を返す

///メモ1「正規表現を使用できるメソッド」///

 

<!--

///メモ2「正規表現のパターン」///

// /文字列/→対象文字列に/文字列/が存在するか

// /文字列$/→対象文字列の最後尾にに文字列$が存在するか

// /[0-9]/→対象文字列に0から9の数字が存在するか

// /[a-z]/→対象文字列にaからzの数字が存在するか

// /\d\d\d\d/→対象文字列に四ケタの半角数字が存在するか

///\d{x,y}→対象文字列にxケタyケタの半角数字が存在するか

///メモ2「正規表現のパターン」///

}

</script>

</body>

</html>

.hatena-module:nth-of-type(10) { background: transparent; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-title{ display: none; } .hatena-module:nth-of-type(10) .hatena-module-body { padding: 0; }